2006年08月09日

続冥福を祈る

原爆で亡くなられた方へご冥福をお祈りします。
今思えば、祖父から戦争の話を聞いておけば良かったと思う。
既に祖父は16年前に他界しているのでそれは叶いませんが。

祖母からは空襲の話をよく聞かされています。
住んでいたのが北九州ですから戦略的に当然ですね。
空襲の後は焼け野原で悲惨だったとか。

話だけで余り実感が沸かないのですが、やはり平和である事に越した事は無いなと。

posted by takashi at 11:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

長崎原爆忌
Excerpt: 北九州が舞台になった拙著 児童向け小説「ぼくたちの空とポポの木」のテーマである
Weblog: Epsiloncafe
Tracked: 2006-08-13 06:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。